妊娠線を予防するクリーム|保湿して皮膚の拡張を対策

妊娠中のお腹のケア

手軽に使える商品ばかりです。妊娠線予防はクリームでこまめにケアしましょう。綺麗な肌で美人ママを目指しちゃいましょう!

きれいなお腹を保つ

顔を洗う

妊娠をすると、体にいろんな変化が起きます。例えば、初期のころは悪阻など周りから見えないこともありますが、妊娠週数が経つにつれてお腹が大きくなるなど、目に見える変化が増えていきます。 またお腹が急激に大きくなると、妊娠線ができることがあります。この妊娠線は、皮膚の拡張と乾燥によりできるものなので、クリームによって予防や進行を止めることができます。また、妊娠線予防用のクリームも売っていますが、ドラッグストアで売っている普通のボディークリームなどでも、代用は可能です。専用のものは少し高かったり、手に入る場所が限られていたりするので、手に入りやすく安いものをたっぷり使って毎日保湿をすることで、高い予防効果を得ることができます。

何よりも予防が大事

妊娠線はお腹だけにできると思われがちですが、胸にもできることがあります。というのも、胸も妊娠によって大きくなるので、お腹同様のケアが必要になります。胸は他人に見える場所ではないですが、女性にとってはとても大事な部分ですので、忘れずにしっかりと予防しておくことが重要です。 さらに、妊娠線は一度できてしまうと、薄くはなっても消えることはないといわれています。妊娠線を予防するには、何よりもお腹が大きくなってくる前から毎日クリームを塗る習慣をつけておくことが必要になってきます。とはいえ何もできてない部分に毎日塗るのは少し不毛に感じることもありますが、何もできてない状態を保つことがいちばん大事なのです。そして、ただクリームを塗るだけでなく、好きな香りのするクリームを選ぶなどすると、リラックス効果もでき妊婦生活を充実させることにつながるでしょう。

保湿が重要

洗顔

妊娠線は一生ものです。できるだけこまめに妊娠線予防クリームを塗り、保湿を怠らないことが非常に大事になります。そして、もし妊娠線ができてしまったら、レーザーという手もあります。ぜひ、参考になさってください。

Read More

お腹の肌を守るため

顔を洗う

肌にゴムのような弾力があれば、妊娠線はできにくくなります。そのため多くの人が、妊娠線予防のために、弾力を高める保湿クリームをお腹に塗っています。ただし妊娠中の肌はデリケートなので、低刺激なものを選んで塗ることが大事です。妊娠線の予防専用の保湿クリームなら、安心して使用することができます。

Read More

予防のためのスキンケア

微笑む女性

妊娠してからお腹が大きくなり、表皮が引っ張られることによって妊娠線が出来ることがあります。かゆみや痛みが生じ人に見せられない状態になることもあるため、妊娠線予防クリームなどを利用して予防することが大切です。クリームの効果を得るために、毎日マッサージしながら塗っていきましょう。

Read More